胸 大きくする 食べもの

サイトマップ

胸を大きくする効果がある食べ物

バストアップに有効な食材をご紹介します!
バストアップに有効とされている成分はこちらです。

◆タンパク質(アミノ酸)
◆ビタミンC
◆ビタミンB群
◆ビタミンE
◆ミネラル


上記5つについての成分をご紹介していきます。

【たんぱく質】
たんぱく質は、主にカラダを作っている栄養素となっています。
髪、皮膚、筋肉等はすべてたんぱく質からできているんです。

たんぱく質には動物性植物性の2種類があり、
バストアップには特に、植物性のたんぱく質がおすすめとされています。

植物性たんぱく質の中に、大豆があります。
大豆には「大豆イソフラボン」が含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれるので効果が期待できます。大豆を食べると女性ホルモンを促し、バストアップに繋がるのです。
豆乳を飲むとバストアップに良いと良く聞くのはこの理由からです。

動物性たんぱく質には、バストを支える筋肉に必要なので、
併せてバランス良く摂りましょうね!

●主な食材
動物性たんぱく質・・・肉類、魚介類、卵、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品
植物性たんぱく質・・・豆腐、納豆、豆乳、油揚げ、大豆、ご飯類、麺類



【ビタミンC】
ビタミンCは美容にはなくてはならない栄養素です。
コラーゲンの生成を促進し、助ける働きがあります。
また、シミの元であるメラニン色素が作られるのを抑制してくれます。
抗酸化素養もあるので、アンチエイジング効果もあります。

ビタミンCは失われやすい栄養素でもあるので要注意が必要です。
ストレス、喫煙、飲酒など日常的な行動によって消費されてしまいます。
喫煙はなるべく避けたいですね。
失われやすいビタミンなので、意識的に摂り補っていきましょうね。



【ビタミンB群】
ビタミンBはたくさんあります。
それぞれの働きや効能をご紹介していきます。



【ビタミンB1】
ビタミンB1は、私たちが良く食べるご飯やパンなどの糖質の分解を助けてくれる働きがあります。消化した栄養分をエネルギーへの変換を助けてくれる働きがあります。

●主な食材
豚ヒレ肉、玄米、うなぎ、たらこ、ベーコン



【ビタミンB2】
ビタミンB2は、脂質の代謝を促してくれる働きがあります。
また、皮膚や髪の再生にも貢献しています。

●主な食材
うなぎ、納豆、いかなご、魚肉ソーセージ、たらこ、焼きのり



【ビタミンB6】
ビタミンB6は、たんぱく質等の代謝に必要不可欠の栄養素です。
興奮状態をおさえてくれ働きがあります。


●主な食材
マグロの刺身、バナナ、ナッツ類、さんま、にんにく、牛肉(レバー)



【ビタミンB12】
ビタミンB12は、血液を作る働きがあります。
また、代謝を助ける働きもあります。


●主な食材

しじみ、あかがい、のり、すじこ

ビタミンB群は、全体で見ても消費や代謝エネルギーを助ける役として働いてくれます。
ダイエットには必須な栄養となっているので、しっかりと摂っていきましょう。

「B-UP(ビーアップ)の効果っていつから?!バストアップ間に合う??」について

ビーアップサプリって効果はいつぐらいから出るの?バストアップしいけどサプリって効果あるの??使いたいけど大丈夫??女性のバストアップサプリの疑問について、平均的な期間やビーアップの効果について口コミから調査します。